一緒に買うもの、いらないもの

いるもの・いらないもの
自転車と一緒に買うもの・みんな買うけど結局使わないモノの紹介。自転車本体が安くても、オプションで高くつくと意味がありません。

子どもヘルメットは最初に購入して慣れてもらう

1500円~5000円
子供用のヘルメットは必須。あとから買うと子供が嫌がって着けてくれないこともあるので、最初から購入して「自転車に乗るときはヘルメットは着けるものだ」と習慣づけるのがよいです。最近では、子供が自分で自転車に乗るときにもヘルメットをするのが当たり前になりつつあるので、よい習慣は早めにつけるほうがよいでしょう。

ヘルメットの値段はピンきり
市販の子供用ヘルメットは、基本的に性能(安全性)は同じなのですが値段が1500円~5000円とさまざまです。何が違うかというとデザインやブランドです。こだわりがあるかどうか、子どもが気に入ってくれるかどうか、などで選ぶとよいでしょう。

2本目の盗難防止チェーンは、最初しか使わない・・・

いらない
盗難を心配してチェーンを買う人は多いが、使うのは最初だけになりがち。電動自転車は高価なので、標準でついている鍵に加え、もう一つ追加でチェーンを用意する人が多いです。せっかく用意しても2個も鍵をつけるのは面倒。そもそも、子供乗せ自転車はかなり重いので、自転車泥棒に多い「ちょっとした出来心」で持ち逃げされることは少ないです。(鍵がないと充電もできない。)また、どのメーカーの電動自転車も当初3年は盗難保険がついているので、それでよいという考え方もあります。(盗難保険が必要ない理由もご覧ください)

ネットで買う場合は、自転車を購入する場合におまけで付けてくれることが多いです。また、あとから購入しても数百円で購入できます。100円均でも売っていますが、毎日使うものなら、さびにくくて、鍵の抜き差しがスムーズにできるタイプがよいでしょう。また、ポールなどにくくり付けて固定できるように長めのものがいいです。

チャイルドシート用のレインカバーは高い!

雨の日カバー3500円~7000円
雨の日は乗らない方には不要ですが、幼稚園の送り迎えなどで、雨でも乗らざるを得ない方には必須のアイテム。必要かどうか判断できない場合は、最初はカッパで代用してみてもいいでしょう。

メーカー純正ではない、廉価なもの、かわいいデザインのものも販売されています。自分のチャイルドシートにあうか確認してから買います。

冬場は防寒具が必要

0円~
住んでいる地域にもよりますが、冬には、前乗せの子どもに風が直撃して凍えるほど寒いので防寒具が必要です。大人は自転車を漕いで体が温まってきますが、座っているだけの子供はかなりつらそうです。防寒具にはレインカバーを使う人もいますし、大きな洗濯ばさみとブランケットでガードする人もいます。後ろ乗せの場合は、親が風よけになるのでそこまで寒くありません。

防犯登録料

500円
自転車の防犯登録は法律で義務化されています。購入時に登録料を支払いましょう。いまどき信じられないことですが、防犯登録は、都道府県ごとのデータベースになっていて全国共通ではありません。自分の住んでいない都道府県で購入した自転車で、近所の自転車屋さんで、登録しなおす必要があります。ネットで購入する場合は、ちょっと面倒なので気をつけてください。実際問題、これがあっても登録自転車が戻って来ることはあまり期待できないので、他府県の防犯登録のままでも問題ありません。

空気入れポンプ

1000円~
自転車なので空気入れポンプが必要です。電動自転車といっても特別なポンプは必要なく、今、家にある普通のポンプで十分です。

毎日使っているとわかりますが、子ども乗せは空気の減りが早いです。週に一回程度、空気を入れないとタイヤがへこんできます。また、通常の自転車より固めに空気を入れる必要があります。新しく買う場合は、手軽に使えるもの、空気圧がわかるものを選びましょう。

点検してもらって、保険に入る(TSマーク)

年間1000円程度
このマークは自転車屋さんで整備点検を受けると貼ってもらえるシールで、傷害保険と賠償責任保険が付いています。大事な子供を乗せる自転車ですから年に一度の点検は、やっておいて絶対に損はありません。また、「万が一」加害者になった際に、赤シールだと5000万円まで保障されます。(2014年10月から2000万円から5000万円にあがりました)。

ネットで購入して、このマークがついていない場合、必ず近所の自転車屋さんで点検を受けてください。輸送中にチェーンが緩んだり、ブレーキの閉め具合が中途半端だったりするのを直してもらえます。

2012年ごろから、万が一加害者になったときの自転車保険(傷害保険など)が話題になっていますが、他の保険に入るにしても、このTSマークの付帯保険が「一番値段が安い保険」で「点検までしてもらえる」ので最初の1年は必ず入りましょう。電動アシスト自転車にぴったりの自転車障害保険とは?もご覧ください)

次の記事