子供乗せ電動アシスト自転車の基礎知識

子供乗せ電動アシスト自転車って何?
「子供乗せ」電動アシスト自転車の基礎知識。普通の電動自転車との違い、何歳から使えるかといったことを知っておきましょう。

「子供乗せ」は何が違う?

子供乗せ適合車のBAAマーク「子供乗せ自転車」は、「子どもを2人まで」乗せていい自転車のことを言います。見分け方は簡単で「幼児2人同乗基準適合車BAAマーク」が付いています。市販の子供2人乗せ電動アシスト自転車は、有名自転車メーカー3社(ヤマハ、パナソニック、ブリジストン)のものがほとんどで、これらの会社から子供乗せ適合車として販売されている自転車であれば、強度も法律上も問題なく安心して使えます。

どうして「子ども2人乗せ」は専用車かというと、大人と子ども2人が乗ると総重量は100kg近くになってしまい、普通の自転車では強度や安定性に問題があるためです。このマークのない自転車で三人乗りをすると道交法違反になってしまいますし、とても危険です。

スポンサーリンク

子供が一人なら普通の電動自転車でもかまわない

子どもを2人乗せるなら「子供乗せ適合車」が必須ですが、子どもが1人なら、普通の電動アシスト自転車にチャイルドシートを取り付けて使っても道交法的には問題ありません。どちらを購入するかは好みの問題で、子どもの人数が一人で確定の場合、普通の電動自転車を使っている人もいます。

子ども1人なら普通自転車+チャイルドシートでもよいが、「子乗せ専用車」ならではの便利機能は見逃せない

「幼児2人乗せ適合車」の良いところ

「子ども乗せ」専用の便利な仕組みがいろいろと付いているところが、子ども乗せ適合車のいいところです。例えばこんな特徴があります。

  • 足元が広く、スカートでも乗りやすい。
  • 「手元ハンドルロック」「軽がるスタンド」など、子供の乗せ降ろしが楽になる仕組みがある。
  • タイヤが小さいので、重心が低く安定していて、転倒しにくい。
  • もうひとり生まれても安心・・・

悪いところ

子乗せ自転車は、子乗せ卒業後に普通の自転車として使いにくいのがデメリット。とはいえ、普通は気にならないところばかりで、デメリットよりメリットのほうが大きいです。

  • 重量が重い。
    頑丈なつくりのため、重量が約30kgもあり、手で持ち上げるのは大変。
  • アシストレベルが少し弱い。
    子乗せ卒業後、普通の電動自転車のほうが軽快に走れる。一般的に子ども乗せモデルはアシストレベルが低いです。

何歳から乗せるか

法律上は6歳以下の子どもなら何歳でも乗せてかまいません。とはいっても、首がすわっていない赤ちゃんは、落下したり衝撃があったときに危険なので、実際には、首もすわって、しっかりお座りができる1歳前後から乗せる方が多いです。ちなみに、エルゴやビョルンのような前抱っこ紐をしながら、自転車に乗るのは道交法的にはダメだそうです。おんぶの場合は都道府県によって規則が違います。(ダメでも乗ってる人は多いですが・・・)

首が据わった1歳前後から使える

どれを買えばいいか?どうやって決める?

子供乗せ電動アシスト自転車は、見た目の違う様々なモデルがあるので、どれを選べばよいか見当がつかないように思えるかもしれませんが、選ぶポイントはごくわずかです。チャイルドシートの位置やタイヤの大きさなど、自分の使い方や家族の構成で決まってくるところさえわかれば、どれを買うべきかも決まってしまいます。

このサイトは、次のページからひと通り読んでいただければ自転車を購入するために必要な知識を習得できるようになっています。急ぐ方は、まずは最後のページ(まとめ:自転車選び早分かり)を先に。ひと通り読みたい方は、次のページ(チャイルドシートの位置・選び方)からご覧くださいませ。

子乗せ電動アシスト自転車は、購入後の満足度が非常に高い。
購入した人の85%が「満足している」(社団法人 自転車協会)

電動アシスト自転車の売れ筋 今日のランキング(楽天)

次の記事