個性派に!中堅自転車メーカーの子供乗せ電動アシスト自転車

メーカー別の違い
子供載せ電動自転車といえばパナソニック・ヤマハ・ブリジストンが有名ですが、その他にも子ども2人乗せを販売しているメーカーはあります。どれも、BAAマークの付いた2人乗せ適合車です。他の人と違うモノを持ちたい方や、有名メーカーのものより安いものを探したい人におすすめです。

もくじ

有名ブランドの自転車との違いは?

ママチャリのような普通の自転車だと、1万円ぐらいで輸入自転車が売っています。こういうものの中には、とにかく値段は安いけど安全性や品質はよくわからない「安かろう悪かろう」的なものもあります。チョイ乗り用ならそれでもかまわないのですが、子ども乗せ電動自転車の場合は、値段も高いし、子供と一緒に乗るのでそれなりに安全でしっかりした長持ちするものがほしいところ。

子供2人乗せの場合は、どのメーカーのものも自転車協会の「子ども乗せ適合車BAAマーク」がついているものしか販売されていません。(このマークがついていないものは道路交通法的に販売も利用もダメ。)BAAマークがついているということは、有名ではない自転車メーカーのものでも、子供乗せ自転車としての品質と安全性は保障されているということです。実際、このマークのついた電動自転車を作るのは難しいので、子供乗せ電動自転車を作っているメーカーは、片手で数えるほどしかありません。

購入するときの注意点は

電動自転車は電気製品でもあるため、どこの自転車ショップでも修理できるわけではありません。例えば、ヤマハは対応できるけど、パナソニックはわからないということもあります。そのため中堅メーカーの電動自転車は、面倒を見てくれる自転車屋が少ないです。購入する場合は、購入店でメンテナンスや修理をしてくれることを事前に確認しておきましょう。また、遠方で購入することは、お勧めしません。

どんな自転車が出ているの?

子ども乗せ適合車を作っている中堅自転車メーカーの自転車を紹介します。

丸石サイクル「ふらっか~ずアシスト」

丸石サイクルの「ふらっか~ずアシスト」にはヤマハのモーター・バッテリーが搭載されています。重さが、同じタイヤ径のアンジェリーノe等と比べて2kgほど軽いのが特徴。子ども乗せ自転車はとにかく重いので少しでも軽い自転車がいい人は選択肢の一つだと思います。ときどき街で見かけます。

ふらっかーず

サイモト自転車 Moressist(モアシスト)

大阪の自転車メーカー「サイモト自転車」が発売しているMoressit(モアシスト)シリーズ。量販店を中心に展開しているためインターネット通販ではほとんど見かけない。前輪駆動で長距離走れるのが特徴。詳細は別の記事(サイモト自転車モアシストの特徴まとめ)をご覧ください。

ホダカ マルキン自転車 Delicia Hybrid (デリシア ハイブリット)

埼玉県のメーカー、マルキン自転車の電動アシスト自転車は、バッテリーが5.9Ahと小さいため9万円代で購入できるお手軽子乗せモデルでしたが、2014年から、他社とほぼ同じ8.7Ahになり、価格も他社と同じ13万円代になりました。

特徴は、他社より軽量な29kg、小径でも他社よりさらに小さい20インチというこです。急速充電、賠償保険付きなど、細かいところでも大手メーカーの自転車と劣るところはありません。

その他メーカー2014年モデル比較表

中堅メーカーの自転車は、実売価格が定価より大幅に安いことが多い。

メーカー 商品 付属
シート
タイヤ 定価
丸石サイクル
丸石サイクル ふらっか~ずアシスト 前乗せ 前22
後26
13万5000円
サイモト自転車 モアシスト
サイモト自転車
モアシスト
Moressit 後乗せ 前20
後26
13万9800円
Moressitベーシック 前乗せ 前20
後26
13万9800円
Moressitミニ 前乗せ 前後
20インチ
13万9800円
マルキン自転車
マルキン自転車 Deliciaハイブリッド 前乗せ 前20
後22
13万9800円

まとめ

中堅自転車メーカーの子ども乗せ電動アシスト自転車は、どこでも売っているわけではありませんが、近所で見つけたら、乗り心地を確かめた上で選択肢のひとつとして考えてみてよいでしょう。ちなみに、ネットではほとんど手に入らないのが残念なところです。

電動アシスト自転車の売れ筋 今日のランキング(楽天)