電動自転車にぴったりの自転車障害保険とは?

電動アシスト自転車と自転車障害保険

最近なにかと注目を浴びることが多いのが自転車用の傷害保険です。このページでは、電動アシスト自転車を使う方に必要なファミリー向け自転車傷害保険の選び方をご紹介します。

自転車保険が必要な理由

交通事故を起こして誰かを怪我させたり、亡くならせてしまったときに賠償責任を負うことがあります。最近の自転車事故の裁判では、自動車事故の場合と同様、個人ではとても負担できないような高額な賠償金額を命じられることが増えています。こういった万が一の負担に備えるために注目されているのが「自転車用の傷害保険」というわけです。

自転車購入時についている無料保険は自分用

子ども乗せ電動アシスト自転車を買うと、どのメーカーのものでも無料の傷害保険がついています。ところが、保険の内容を見てわかるように、保障期間は購入後一年間だけで、給付される金額もささやかな金額です。なによりも、この保険は自分が怪我をしたときの保険なので、相手を転倒させたりした場合には全く役に立ちません。

パナソニック
ギュット安心傷害保険
ヤマハ
親子安心傷害保険
ブリジストン
あんしん傷害保険
補償の期間 登録日や購入日から1年間だけ
対象 登録者とその家族などが対象。
怪我をさせた相手は対象外
死亡・後遺障害 最高200万円
入院1日あたり 3,000円 1,000円 1,500円
通院1日あたり 1,000円

TSマークの保険は?

自転車ショップで整備・点検を依頼すると付いてくる「TSマーク」には、5000万円までの賠償補償がついています。TSマークは1000円程度で加入できるので、とてもお手軽な保険ではあるのですが、1年に一度、自分で更新手続き(点検に行く)をしないといけません。ところが、かなりの人は更新手続きを忘れてしまいます。

保険はいざというときのためで、更新を忘れていると意味がありません。自動的に更新手続きが行われる保険に加入することを検討したほうがいいでしょう。

自分の怪我は健康保険で

自転車事故でも、自分の怪我なら健康保険で診てもらうことができるので、高額の医療費で困ることは少ないです。また、障害が残ってしまった場合も、障害年金を受給できます。ですので、必ずしも「自分の治療のため」に保険に入る必要はありません。

まとめ。少しの掛け金で安心を

自転車保険の最大の目的は「他の人を怪我させてしまったときに備える」ということ。高額の賠償金を負って、家族が経済的に困窮してしまわないように備えることが大事です。特に、子供乗せ電動アシスト自転車の場合、いざというとき子供を乗せていて大事故につながりやすいこと、また、幼稚園の送り迎えのように毎日使うために事故にあう確率が高いことを考えると、自転車保険は入っておいて損はないといえるでしょう。

どんな保険に入ったらいいか

保険を選ぶポイントを紹介します。あれこれ心配の種は付きませんが、全部をカバーして、高い掛金を払う必要はありません。

電動アシスト自転車も普通の自転車用の傷害保険

「電動アシスト自転車」専用の保険というのはありません。電動アシスト自転車も、普通の自転車用の保険でカバーすることができます。

他の保険でカバーできていないか確認する

まず、今加入している別の保険で自転車事故をカバーできないか確認してみます。例えば自動車保険、自宅の火災保険、そのほかの損害保険に自転車での事故も含まれていたり、月数百円程度の安い特約付帯サービスに加入できる場合があります。

どんな保険が必要なのかは、家族構成や今入っている保険の有無などによって変わってきますが、いずれにしても、自転車保険に入る際には、以下4点を確認しておくと良いでしょう。

  • 示談代行サービスがついていること。
  • 1億円程度は保障をつけること。
  • 毎月の掛金ができるだけ安いこと
  • 家族の誰がどの自転車に乗っても保険の対象となること。

保険の一覧

ここで紹介する保険は、どれも掛金が小額で、示談などのサービスはしっかりとついている保険です。このサイトは子供乗せ電動自転車のサイトなので、家族全員、または夫婦が対象になる保険だけを紹介しています。(1億円以上の賠償+示談代行サービスあり)

保険名 掛金 保障 評価
会社 プラン 月額 年額 賠償金額 備考
JCB
JCBトッピング保険
家族 260円 3120円 1億円 クレカ付帯
エアーリンク
自転車の責任保険

家族 300円 3600円 1億円 安い
セブンイレブン
自転車向け保険
夫婦 495円 5940円 1億円 コンビニで加入できる
家族 732円 8780円
Docomo
ドコモ サイクル保険
夫婦 640円 7680円 2億円 ドコモ専用
家族 980円 11760円
あうて(au)
ケガの保険 Bycle
夫婦 630円 6910円 1億円
家族 1570円 17070円

JCBトッピング保険がお勧め

上記の表を見ていただくとわかりますが、掛金の安さでダントツなのがJCBトッピング保険自転車プランです。月額260円で家族全員が対象になる保険は他にありません。万が一のものなので、補償さえ十分であれば掛金が安いに越したことはありません。

なお、これはJCBのクレジットカードに付帯させることができるサービスで、JCB発行のJCBのクレジットカードを持っている必要があります。例えば、「楽天カードのJCB」は、JCBが発行したものではないのでトッピング保険には入れません。番号が「354」で始まるカードがJCB直営のカードだそうです。

▼JCBカードの申し込み

カードを増やしたくない人はエアーリンク「自転車の責任保険」

JCBとほぼ同じ条件で、保険の掛金も安いのはエアーリンクの責任保険です。年3600円で1億円、年5000円で2億円までの補償になっています。2014年から示談サービスも付いているので安心です。JCBでなくてもかまいませんが、支払いにはクレジットが必要です。

▼エアーリンク「自転車の責任保険」

まとめ

保険はいざというときのためのもの、万が一に備えつつも、日常の家計をできるだけ圧迫しない手軽なものを選びましょう。

関連する記事